丸ノコの使い方 卓上丸ノコ

20070727210824.jpg

卓上丸ノコは、丸ノコとは名前がついていますが、通常の丸ノコとはずいぶん形の異なった工具です。
通常の丸ノコが、丸ノコ本体を自由に動かして材料を切断していくのに対して、卓上丸ノコでは丸ノコ本体部分が上下動だけして、材料を切断します。
感じとしては、紙を裁断する 『押切り』 を想像してもらえばよいと思います。
そして、このことから卓上丸ノコは押切りと呼ばれることがあります。
また、包丁の刃先をまな板に固定して、柄の部分を上下させて食材を輪切りにすることを、想像してもらってもよいと思います。
いわば材料の輪切りに特化した丸ノコといえるでしょう。

それだけに、切断作業は得意で、安全かつ綺麗に材料を切断できます。
また、輪切りといっても、単純に垂直に切るだけではありません。
切断面を2つの軸で斜めに傾けることも可能です。

写真は中型の卓上丸ノコです。
一般的な柱材である3寸5分角(ロ-105mm)は切断できませんが、柱材を切断できる大型の卓上丸ノコよりも軽くて持ち運びに便利です。

テーマ : 木工
ジャンル : 趣味・実用

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード