FC2ブログ

ポータブルハードディスクの分解

ロジテック ポータブルハードディスク LHD-PS40U2WH

20090502 003

ケース固定用ネジは、裏面のクッション材をはがすと出てきます。
はがしてしまったクッション材は、使い回しを考えずに新たなものと交換したほうがいいでしょう。
クッション材が必要ならば、100均あたりで購入してしまったほうがいいと思います。

ネジのほうは、1番のプラスドライバーで回してください。
日常的によく用いられているプラスドライバーは2番です。
その2番ドライバーでは大きすぎます。
だからといって精密ドライバーでは小さすぎます。
小さいドライバーで無理やり回すと、ネジ頭をなめてしまいます。


20090502 002

ネジを外して中を開けたところです。
丸く囲っているところに、黒っぽいものが見えています。
これが、内部のハードディスクを保護するためのクッション材です。
この程度のものなので、クッション材の能力に多大の期待は禁物でしょう。
必要ならば、ケースの外側にクッション材を、たっぷり施しておいたほうが賢明です。


20090502 001

FUJITSU MHV2040AT
これが、このポータブルハードディスクの中身です。
インターフェイスは Ultra ATA100 でした。

この記事はノートパソコンで書いています。
そのノートパソコンのハードディスクは、2年以上使っている 80G Ultra ATA100 です。
このポータブルハードディスクの容量が80G以上であったら、2.5インチ Ultra ATA100 同士ということで交換してしまうところでした。

テーマ : Do It Yourself
ジャンル : 趣味・実用

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード