バリュースター ハードディスク交換 その2

NEC VALUESTAR L (バリュースター L)
型名 VL570/7D
型番 PC-VL5707D

初心者による、壊れてしまったハードディスクの復活物語です。
事が起きてから数ヵ月後に書いたものなので、記憶違いや忘れてしまったことも多々あるはず。
その点、ご容赦願います。

バリュースター ハードディスク交換 その1 前編の目次です。
◆a disk read error◆
◆パソコンショップ◆
◆ハードディスク◆
◆再セットアップ◆

バリュースター ハードディスク交換 その2 ここからが本編です。

◆ハードディスクケース◆

まずはハードディスクケースです。

ここでのハードディスクは、3.5インチ、ウルトラATAです。
これが使えるハードディスクケースならばよいのですが、3.5インチはいいとして、ウルトラATA用となると今回だけでお役御免となる可能性があります。
できれば、他のパソコン(シリアルATA)でも使えるもの。
さらに2.5インチでも使えれば言うことはありません。

あれもこれも使えるものは、どれにも使いにくいものなどということがありますが、今回は思い切って2.5インチでも3.5インチでも使えて、シリアルATAでもウルトラATAでも使える、欲張りなタイプを購入してみました。
値段のほうは単機能のものよりも高めですが、使ってみての不具合はありません。
今のことろ間違った買い物ではなかったようです。

また、今回購入したハードディスクケースは、ハードディスクだけでなく内蔵タイプのDVDドライブなどでも使用可能です。
じつは、このことが別件で役立つことになりました。
ハードディスクやDVDドライブの寿命は、思いのほか短いものです。
いざという時に備えて、ハードディスクケースは所持していて損のないものだと思います。

(株)タイムリー UD-500SA 実売価格3000円弱
形状からいうとケースという感じではありません。
コネクターといったほうがいいでしょう。

まずは、新しく購入したハードディスクを接続してフォーマットを行ってみました。
もちろん無事完了です。

◆バックアップソフト◆

購入したバックアップソフトは、Acronis True Image Personal 2、Acronis DiskDirector Personal の2本がセットになってamazonから販売されていたものです。
金額は送料無料で3393円、プラス振込み手数料です。
今は取り扱われていないかもしれませんが、ネット上を探せば似たようなものがありそうです。

目的はバックアップソフトの True Image Personal 2 のほうでしたが、パーティションをいじれる DiskDirector Personal も何かと役立ってくれています。
具体的にはハードディスク復活後に、パーティションを分割し直したり、ネットブックにリナックスを導入するときにもしっかり役に立ってくれました。
それに、なんといっても、2本とも操作が簡単。
初心者には、これが一番です。

また、お値段の2本で3500円程度。
これもありがたいのですが、この安さには理由があります。
この2本は、このままでは vista 以降には対応しないと思います。
また、2本ともパーソナルと銘打たれているように機能限定版となっています。
今後、新しいOSに対応するフルバージョンが欲しくなった場合は、アップグレード版を購入すれば大丈夫だと思いますが。

それから、パソコンへのインストールです。
同時に複数のパソコンにインストールすることは、物理的には可能ですが、ライセンス上はダメなようです。
ただ、このようはソフトは、その都度CDなりUSBから起動させて使えばいいわけで、そのような使い方で充分でしょう。
私は、2本まとめUSBメモリに入れて所持しています。
けっこう便利ですよ。

それから、バックアップのどこかの段階で、Seagate(Maxtor)のハードディスクを使うのならば、Seagate(Maxtor) のサイトから Disk Wizard をダウンロードすることができます。
Disk Wizard というのは Acronis True Image に他ならないようなので、Seagate(Maxtor)のハードディスクを持っていればラッキーかもしれません。

じつは、今回とは関係ないところで壊れた外付けハードディスクを分解したところ、Maxtor のハードディスクが入っていました。
壊れてさえいなければ、この外付けハードディスクを中継地に使う手がありました。

◆サルベージ◆

ここからが本番です。
disk read errorに陥ったハードディスクを、ハードディスクケースを介して正常に作動するマシンに接続。
正常に作動するマシンでバックアップソフトを起動。
さて、NEC-RESTORE領域は読み込むことができるのか?
読み込めなかったらおしまいです。

結果、バックアップソフトから、NEC-RESTORE領域とソフトチョイス用アプリケーション領域を見ることができました。
とりあえず一安心。
ですが、ここで安心してハードディスクを回しっ放しにしていると、どんどん故障が進んでいくのではないか?
このようなことが頭の中をよぎります。
ちなみにハードディスクには、少しでも負担を軽くということで小型扇風機の風を当てています。
正直、このようなことをやっても意味があるかどうかはわかりませんが、むき出しのハードディスクを眺めていると、そのような気になってしまったのもたしかです。

で、その次は、正常に作動するマシンに、NEC-RESTORE領域をバックアップ。
この間、ただただエラーがなくバックアップが済むように祈るのみでした。
また、ハードディスクに負担がかかるためソフトチョイス用アプリケーションの領域は、今の段階ではそのまま放置です。

ここで、エラーが発生した場合、元データが壊れているということで、今までの作業は振り出しに戻る可能性大です。
まだ、the end ではありませんが、がっくりくることはたしかでしょう。
エラーがなく、すべてバックアップが済んでなによりでした。
これで、データサルベージがひとまず完了しました。

その後は、バックアップしたデータの復元です。
これも、バックアップソフトでの作業で、正常に作動するマシンから、新しく購入してフォーマットしたハードディスクにバックアップデータを復元しました。
この場合、復元先はパーティション単位ではなく、ハードディスク丸ごとになります。
これは、このバックアップソフトが機能限定版だからかもしれません。

ここで考えたのは、バックアップソフトは必要であったのかということです。
なんらかの方法で、NEC-RESTORE領域を読み込むことができれば、そのままデータコピーでいけたのではないか、などと考えてもみましたが、さていかがでしょうか。

◆再セットアップ用CDの作成◆

次は再セットアップ用CDの作成です。
じつはDVDでも再セットアップは可能なようなのですが、なにぶん参考にさせていただいたサイトに載っていたのは、CDの作成例でした。
それをアレンジしてDVDを作るだけのスキルはありません。
素直にCDを作成することにしました。

ここで、参考にさせていただいたサイトです。
参考というよりも、お手本にさせていただきました。
深く感謝いたします。

http://d.hatena.ne.jp/eisei-mrsn/20070210/1171100640
http://kikitai.teacup.com/kotaeru.php3?q=2563261

ここから先は上記のサイトを参考にしてください。
初心者のたわ言よりも、そのほうが絶対に確実です。

以下は、私が作成した1枚目のCDの中身です。
1枚目のCDの中身については、こちらのほうがわかりやすいかもしれません。

list1.jpg

なお、1枚目のCDはブートCDとして作成します。
私の場合、ブートCDの作成は、外付けDVDドライブに付属していた B's Recorder で行いました。
B's Recorderの場合は、事前に別のアプリケーションでブートフロッピーを作成してから、そのブートフロッピーを使ってブートCDを作成する手順になります。
ライティングソフトによっては、フロッピーを作成せずにいきなりブートCDを作成できるはずなので、そちらを探したほうがいいかもしれません。
どちらにしろブートイメージには、NEC-RESTORE領域内のBACKUPフォルダの下にある、BOOTFD.IMGファイルを指定します。

2枚目以降はブートCDではなく、通常のデータCDでOKです。
CDのほうは計9枚になります。
また、後から得た情報によると、DVDで作成した場合は2枚となります。
9枚と2枚、となるとDVDで作成できれば、それに越したことはありません。

◆復活◆

再セットアップのほうは、何枚目かのCDを読み込ませているときにエラーが発生して止まってしまいました。
これは、CDを焼くときに最高速で焼いてしまったことが原因と思い、速度を落して焼きなおしたところ、無事に最後まで読み込ませることができました。
それ以外は、まったく問題なく再セットアップ完了です。
ちなみに、ソフトチョイスアプリケーション領域は放置したままです。

そして、最後はバックアップソフトを使って、初期設定が済んだ段階のCドライブのバックアップをとって、ひとまずハードディスク復活物語は終了です。

以上、初心者のたわ言でした。
誤っているところ、怪しげなところがありましたら、ご指摘いただければ幸いです。

◆おまけ◆

復活後に作成した、再セットアップ用DVDの中身です。

1枚目
dvd1.jpg

2枚目
WXP_B007.GHS
WXP_B008.GHS

DOS、SYSINST、UPDATE 各フォルダーの中身は再セットアップ用CDと同じです。

以上。

テーマ : パソコン初心者
ジャンル : コンピュータ

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード