小型軽量エアコンプレッサー

20101110 005

エアーコンプレッサー AM02-04N(E-Value社)

商品サイズ(約):縦320×横365×奥330mm
重量(約):8500g
ドライピストン式オイルレス 圧力制御範囲 0.6~0.8MPa
最高圧力0.8MPa タンク容量4L 定格電圧AC100V
消費電力300W 電源コード:0.75mm2×約1.8m

大工さんが通常使っているエアコンプレッサーと比べると、おもちゃのようなものです。
これで使えるのかというと、限られた用途内ならば、充分に役に立ってくれます。

苦手とするのは、連続してばんばん釘を打ち込む作業。
具体的には、野地板や外壁の合板をとめる作業などです。
さらに、太い釘、長い釘も厳しいでしょう。
もちろん、高圧にも対応していません。

問題なく使うことができるのは、フィニッシュネール、タッカー、フロアタッカー、単発の釘打ちなど。
早い話が、内装工事に使えるエアコンプレッサーということになります。
ただ、ビス打ちは厳しいかもしれないので、電動のビス打ち機があるといいでしょう。

このエアコンプレッサーの利点は、なんといっても小型で軽量であること。
持ち運びに苦労しません。
また、持ち運びというのは、車と現場の間だけでなく、現場内での持ち運びにも苦労しないということ。
作業場所の近くまで持ってこれるので、長いエアホースが不要ということになります。
これは楽ですよ。

あとは、なんといっても安価なこと。
私は、ホームセンターで9800円で購入しました。

ただ、9800円のエアコンプレッサーに多くを求めないでください。
騒音、振動などの対策は、ほとんど考慮されていないと考えてください。
耐久性なども、値段相応と割り切ることが必要です。

テーマ : Do It Yourself
ジャンル : 趣味・実用

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード