丸ノコの選び方 チップソーの黒ずみ

20070223161138.jpg

丸ノコのチップソーは、使っているうちに黒ずんできます。
黒ずみの原因は、切断した木が持っていた樹脂(やに)や、合板、集成材などに使われている接着剤です。
これらの樹脂や接着剤が、チップソーに付着して焼き付くことによって、チップソーを黒ずんだ色にしてしまいます。
問題なのは黒ずんだ色ではありません。
チップソーに樹脂や接着剤が付着すると、切断するときの摩擦抵抗が大きくなってしまい、チップソーの切れが悪くなってしまうことです。
とくに合板は接着剤を多量に使っているため要注意です。
合板の切断に使ったチップソーは、目に見えて切れが悪くなります。

このようなことを防ぐために、テフロンコーティングなどを施したチップソーなども製品化されています。
ただ、お値段は高めですね。
安く上がる方法としては、チップソーにシリコンスプレーなどを噴霧しておくという方法もありますが、効果のほうはそれほど長続きはしません。
まめにシリコンスプレーを使うとなると、手間はかかります。

また、合板や集成材などを切断するときと、無垢材を切断するときで、チップソーを使い分けるということも考えられます。
新品のチップソーは無垢材の切断に使い、使い込んだチップソーは合板や集成材の切断に使うというようなことです。
とくに合板の場合には、板が薄く節もないため、多少切れ味の悪くなったチップソーでも、使えることは使えるはずです。

最後に錆です。
チップソーというのは、塗装やメッキを施されていない場合がほとんどで、放っておくと錆が生じてきます。
当然ながら、チップソーに生じた錆も摩擦抵抗になるので、日常のお手入れを忘れずにということです。

テーマ : 木工
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

先生!質問です!

日常のお手入れ、、
保管方法、
油を薄く塗っておくとかですか?
埃がついて汚れたり、あまり触りたくなくなっちゃうんですが、
お勧め方法はありますか?

油よりはいいかもですね。
ちょっと試してみます。
チップソーではなく、バイクの部品などですが、、
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード