FC2ブログ

丸ノコの選び方 チップソー研磨

チップソーの研磨とは、チップソーを研ぐことです。
手ノコの場合は 『目立て』 といいますが、一般に丸ノコのチップソーの場合は、包丁やノミ、カンナなどと同様に研ぐといいます。
もちろん名前は変わっても目的は一緒で、切れなくなった刃の切れ味をよみがえらせることです。

手ノコの場合は替刃ノコの普及と目立て職人の高齢化のため、目立て屋さんが少なくなってしまいました。
また、目立てを行ってくれる目立て屋さんが少なくなると、替刃ではない昔からのノコが使えなくなります。
そして替刃ノコを使うしかなくなる。
どの世界にでも見られる悪循環ですね。

丸ノコのチップソーの場合は、手ノコの目立て屋さんが職人の腕一本で目立てを行うのとは違って、工場で機械を使用して研磨作業を行います。
そのため、職人さんが廃業すればおしまいということはなさそうです。

丸ノコのチップソーの研磨について何点かあげてみます。
チップソーの場合、研磨をしても完全に元の状態には戻りません。
研磨したてはそれなりの切れ味に戻るのですが、新品のときよりも切れ味が落ちるのが早くなります。
また、研磨自体も何度も繰り返せるものではありません。
2~3回研磨に出せば限界だと思います。
大工さんによっては、研磨などは行わずに使い捨てにすることがあります。
研磨の依頼先については、町の金物屋さん経由が多いと思います。
また、ネット上にも研磨を受け付けてくれるところがありますし、ホームセンターなどでも研磨を受け付けてくれるところがあります。

最後に費用です。
一枚あたり1000円前後でしょう。
あんまり高いようだったら新品を購入したほうがいいですよ。

テーマ : 木工
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

こんにちは

新着から来ました。日記を読まさせていただきました。楽しかったので又来ます。私のブログは「中国茶ドットコム」中国茶について書いてます。 良かったら遊びに来て下さい!
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード