FC2ブログ

丸ノコの冶具 平行ガイド

20070228161711.jpg

丸ノコの平行ガイドは、材料を縦に曳き割る(切断する)ときに使います。
丸ノコのベース部分に開いている差込み口に、平行ガイドを差し込むことによって、丸ノコ本体と曳き割る材料との間隔を一定に保つための冶具です。

曳き割る材料と丸ノコの間隔が一定に保たれるということは、材料を平行に曳き割ることが出来るということで、現場で幅の一定な板材を作るときに使われることがあります。
ここで現場といったのは、作業場で幅の一定な板材を作るときには、固定式の丸ノコ盤を用いるからで、固定式の丸ノコ盤のほうが、安全で綺麗に材料を曳き割ることが出来ます。
つまり、丸ノコの平行ガイドとは、固定式の丸ノコ盤がない場合に、臨時に使うものといっていいかもしれません。
もちろん使い慣れれば、それなりに平行な材料が得られますが、使い慣れないうちは、過大な期待をしないほうがいいと思います。

写真に3種類の平行ガイドを載せてみました。
向かって右側の平行ガイドは、丸ノコ本体に付属していたものです。
これでも使えることは使えるのですが、材料を受ける部分が小さすぎて不安定です。
そのままでは小さすぎる材料受けに、板材をビス止めしたものが向かって左側で、これが私にとって、今のところ一番調子よく使える平行ガイドです。
板材のビス止めについては、材料受けのほうにあらかじめビス穴が開いているはずです。
また、ビス止めする板材については、使う人なりにいろいろ試してみるしかないと思います。
ちなみに、写真に写っている板材は幅広のものですが、幅の広いほうが使ううえでの安定性はあります。
ただ、幅が広いため、平行ガイドの使いしろが少なくなってしまいます。

中央に黒っぽく見えているのは、別途購入した平行ガイドです。
こちらは、材料受けのほうにコロが付いているため、滑りがよくなっています。
また、長さのほうもいろいろあるため、長いのものを選べば、幅の広い平行な材料を曳き割ることが出来ます。

テーマ : 木工
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード