丸ノコの冶具 直線定規

20070309091658.jpg

あり合わせの材料で作った直線定規です。
定規の切断面を、材料の切断する箇所にあてがい、丸ノコをガイド面にそわせて押していきます。
単純ではありますが、使える定規です。

作り方は簡単。
ガイド面になる部分に、きっちりとした直線が出るような材料を持ってくるようにして、2枚の板材を張り合わせるだけです。
きっちりとした直線が出るような材料とは、ベニヤ材の端部やフローリング材などがいいでしょう。
また、定規の材料にする板材は、反りのないものを選んでください。

2枚の板材を張り合わせる際には、ガイド面と切断面の間隔を広めに取っておき、2枚を張り合わせた後で、丸ノコをガイド面にそわせて余分な部分を切り落とします。
2枚の板材の張り合わせは、ビスや釘などを用いておくと、切断面が荒れて使いにくくなったときに、板材をずらすことによって、新たな切断面を作ることが出来ます。

また、ビスや釘を用いて板材を張り合わせると、ビスや釘が2枚の板材を突き抜けてしまうことがありますが、突き抜けてしまったビスや釘の先端は、きっちりと玄翁などで曲げてしまったり、叩き折ってしまってください。
出っ張っていると直線定規が滑ってしまい、押さえが効かなくなってしまいます。
このようなことを嫌って、板を突き抜けないような短いビスや釘を用いてしまうと、張り合わせが不十分になることがあります。
それはそれで危険なことになる恐れがあるので、出来ればきっちりと突き抜けるようにして、張り合わせたほうがいいと思います。

直線定規を使う際に気をつけることは、定規を動かさないようにすることです。
これが一番難しいかもしれませんね。
慣れないうちは、切断する材料に、定規を釘止めしてしまったほうがいいと思います。
釘止めの場合、切断する材料に釘穴が開いてしまいますが、釘穴程度なら、それほど気になるものではありません。
まして、後から塗装処理を施すのならば、まったく問題ないといっていいと思います。
慣れないうちはクランプなどで挟んで止めるよりも、釘止めのほうがいいですよ。

テーマ : 木工
ジャンル : 趣味・実用

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

定規について

定規定規 (じょうぎ、定木)とは、線分や曲線、角を引くときに用いる文房具である。また物を切断する時にあてがって用いる。素材は主に木、竹や合成樹脂、金属など伸縮や狂いの少ない素材が用いられる。定規と物差しの違い定規と物差し(ものさし)は混同されがちであるが、両

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード