丸ノコの使い方 キックバックの原因 丸ノコのブレ

20070328221144.jpg

丸ノコで材料を切断しているときに、丸ノコ本体がブレることがあります。
ブレるというのは、本来ならば、真っ直ぐに丸ノコを進めなければならないところ、丸ノコが斜めを向いてしまうことです。
写真は、丸ノコがブレている状態をオーバーに写したものですが、こうなってしまうと、チップソーの胴の部分が材料に触れてしまいます。
ここでキックバックの可能性が出てきます。

それでは丸ノコがブレてしまう原因はなんなのか?
ひとつは、丸ノコを押し進めるスピードが、刃先の切り進むスピードよりも勝ってしまうことです。
これは、丸ノコの進行方向前部が硬い部分に当たるなどして、ブレーキがかけられているような状態なのに、丸ノコの後部をそのままグイグイ押し進めているような場合に発生します。
これに対しては、丸ノコが材料を切り進んでいく状態を、目で見て、耳で聴いて、丸ノコを持つ手で感じるしかないと思います。
くれぐれも力任せに、丸ノコを押し進めようとしないことですね。

丸ノコがブレる原因のもうひとつは、平行ガイドをうまく使えていないようなときです。
自分では平行ガイドを使って、真っ直ぐに切り進んでいるようなつもりでも、平行ガイドがずれたり外れたりしていることがあります。
この場合は、平行ガイドを材料にしっかりと沿わせること、そしてそのためには、ある程度の慣れが必要です。
慣れないうちは、平行ガイドがうまく材料に沿っているかを、常に気にかけていてください。
ただし、状況確認のために、稼働中の丸ノコに顔を近づけて覗き込まないこと。
顔を近づけている状態でキックバックが起きると、とんでも無いことになります

テーマ : 木工
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード