丸ノコの使い方 コードの利用法

20070406224048.jpg

コードを持って、ぶら下げられている丸ノコです。
もちろんコンセントは抜いてあります。
つまり丸ノコのコードを、ロープ代わりに使ってぶら下げているわけです。

現場では、このようなコードの使い方をする場面があります。
それは、梯子しかかかっていないような、屋根の上などで作業をする場合で、使い終えた丸ノコを上から下ろすときです。
丸ノコを持ったまま梯子を降りるのは危険ですからね。
このようなコードの使い方は、メーカーサイドでは喜ばないと思いますが、現場サイドではよく行われています。
いちいち別途ロープを使って降ろすなどということは、まず行わないはずです。

じつは、このようなことを行わないとなると、コードを短くしてしまうことが可能かもしれません。
短く切断したコードにプラグを付けて、その都度用途に応じた長さの延長コードを用いれば、徒に長いコードに作業を邪魔されずに済みそうです。
また、丸ノコの調整のときなどに、丸ノコを電源から切断するのにも、手元でプラグを抜き差しできるので、電源からの切断が徹底されそうです。

ただ、写真のようにコードを持ってぶら下げると、プラグが抜けて丸ノコが落下する可能性は大きいでしょう。

テーマ : ホームセンターでお買い物
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード