丸ノコの使い方 材料の表裏

20070418141428.jpg

写真は同じ丸ノコで合板を切断した様子です。
切り口の具合が、ずいぶん違うことがわかるかと思います。

切り口が荒れている上のほうは、手前の面に丸ノコを乗せて切断したもので、切り口が綺麗な下のほうは、裏側に丸ノコを乗せて切断しました。
切り口が綺麗なほうはそのまま使えそうですが、切り口が荒れているほうは、そのまま使うにはいささか躊躇してしまいます。

丸ノコに限らずノコというものは、ノミやカンナほど切れ味の鋭い刃物ではありません。
どちらかというと、力任せに材料を引きちぎるような感じすらあります。
そのノコで材料を切断する場合、刃が切れ込んでいく面では材料を押し付けながら切断するため、押さえが効いて割りと綺麗に切断できるのですが、刃が離れる面では材料の押さえが無いため、材料の繊維が引きちぎられるようになってしまいます。
そしてこの傾向は、横挽きの場合に顕著にあらわれてきます。

このようなことに対して考えられる対策の一つは、使わない面・・・裏面のほうから丸ノコを当てることです。
そうすれば使うほうの面・・・表面のほうに比較的綺麗な切断面が得られます。
ただ、この場合は裏面に切断するライン・・・墨を出すのがややこしい。
墨出しを間違えて、切り間違えることはプロの大工さんもやらかします。

次に考えられるのは、丸ノコを勢いよく押さずに、静かに押すことです。
そうすれば、切断面の荒れが少しはおさまります。

最後は、よく切れるチップソーを使うことです。
よく切れるチップソーならば、かなり切断面が綺麗に仕上がります。
ただ、この場合はチップソーの費用がかかるのが難点です。

テーマ : 木工
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード