丸ノコの使い方 削り台

20070418162020.jpg

削り台に付けられた、丸ノコの刃の跡です。

削り台とは、本来カンナを使うときに用いる作業台で、文字通りカンナで材料を削るための台です。
カンナで材料を削るのですから、台には長さが要求されます。
また、台の表面には、削る材料の安定のため、平らであることが要求されます。
ということは、丸ノコで材料を縦方向に曳き割るのときに、うまい具合に使えるというわけで、カンナ仕事が減った今では、丸ノコなどの電動工具の作業台としてよく使われています。

それでは、なぜ削り台に丸ノコの刃の跡が付いているのでしょうか?
この刃の跡は、誤って削り台まで切ってしまったのではなく、付くべくして付けられた刃の跡なのです。

通常、材料を曳き割るときには、丸ノコの刃が削り台を避けるように材料を置くのですが、幅の狭い材料を曳き割るときに、削り台を避けるように材料を置いてしまうと、材料のかかり代が少なくなって、材料が不安定になってしまいます。
そのようなときには、材料を削り台の上にまともに置いてしまい、削り台ごと材料を曳き割ってしまいます。
その際、削り台に傷を付けることに躊躇しないでください。
削り台は消耗品だと思ってください。
ただ、削り台に釘などが出ていないかのチェックは、忘れずに行うことです。

もちろん、丸ノコの刃の出しすぎには注意です。
削り台に深さ2~3mmのノコ目を入れるぐらいで充分です。
ちなみに1㎜では浅すぎます。
1mm程度だと、材料の切り残しが出てきます。

テーマ : 木工
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード