電動工具 コード付きインパクトドライバー

20070708212524.jpg

新品のコード付きインパクトドライバーです。
インパクトドライバーというと電池式のコードレス品を指すことが多いのですが、このインパクトドライバーはコードで電気を供給する製品です。

ここで、簡単にこのコード付き品とコードレス品の比較をしてみます。

一般にコード付き品は、電池の消耗を考えないでよいため、パワーがあります。
そして電池が不要であるため、その分だけ安価です。

コードレス品の電池というのはかなり高価なもので、しかも寿命がそれほど長いものではありません。
このことは携帯電話の電池を考えてもらえばよいのですが、電動工具の場合は電池の寿命がきたからといって、電動工具本体を買い換えることはまずありません。
電動工具は携帯電話を買い換えるほど、安く買い換えられませんからね。
つまり、電池の寿命がくると高価な電池を買い換えることになります。
結局、コードレス品は購入時も高価であり、購入後も費用がかかるということになります。

それなのに、なぜコードレス品が普及しているかということです。
それは、コードレス品の使いやすさでしょう。
コードというのは、コード自体が邪魔になりますし、コードを差し込むためのコンセントが必要になります。
このことは、一般の方が考えるよりもかなり大きなことで、プロが一丁だけインパクトドライバーを持つとなると、まずコードレス品を選びます。
つまり、お金よりも使いやすさということです。
一般の方も一丁だけインパクトドライバーを持とうと考える際には、コードレス品を選んだほうがよいと思います。

テーマ : Do It Yourself
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード