FC2ブログ

合板工作 馬 その2

20090714 005

こちらが本格的な馬(作業台)です。
角材を組んで作ったもので、頑丈ではありますが持ち運びがたいへん。
そのため、下小屋(作業場)で用いたり、新築の工事現場などで用いることになります。

じつは、これと同じ形状の馬を、2×4材で組めるような金物が販売されています。
2×4材なので、写真のような3寸角のものよりも頑丈さでは劣りますが、馬の上に材料を積み上げないかぎり、作業台としては充分だと思います。
興味のあるかたは、ホームセンターなどで探してみてください。


20090714 006

こちらが合板を X型に組み合わせて作った馬です。
使うときには、いきなりこの上に材料を乗せるのではなく、2台の馬の上に合板などを乗せて使います。
こちらは、作業場常備というのではなく、現場持込用です。

角材や2×4材を組んだ馬では、使わないときに邪魔になってしまいます。
それに比べると、この馬は使わないときには、重ねてしまうことができます。
日曜大工で使うにはこちらでしょう。

それから、馬の使用頻度が高いような場合には、中抜きを行わないでおくという考え方があります。
中抜きを行ってしまうと、重さは軽くはなるのですが、丈夫さのほうが低下してしまいます。
安心感を求めるのなら、中抜きは行わないで使ってください。


20090714 007
こちらは1セット2台の馬の割り付けです。
ちょうど合板1枚分で割り付けています。

ここでの合板は、サブロク板(3尺×6尺)と呼ばれている一般的なサイズのもので、それを4等分しています。
となると、馬の高さのほうは6尺の4分の1で、約45cm。
45cmとなると、さて、この高さは作業台として妥当なのかという話になってきます。

じつは、大工さんなどが現場で作業を行う場合には、まずこの馬の上に材料を積み上げます。
そして、積み上げた材料を上のほうから加工していくことになります。
厚さ12mmの材料を10枚も積み上げれば12cm高くなるというわけで、そうなると使いにくい高さではありません。

それから、作業台などというものは、高いと向こう側まで手が届かないということがありますが、低い場合はそのようなことはありません。
高すぎる作業台は使えないことがありますが、低すぎる作業台は使いにくいというだけで、使えないわけではないということです。

とはいえ、馬の上にそれほど材料を積み上げないのならば、もっと馬の高さを上げたほうがいいでしょう。
サブロク板1枚で割り付けることにこだわらずに、高さ60cm程度で割り付けてもいいと思います。


20090714 009

こちらは、合板のスリット加工の様子です。
具体的な加工は、丸ノコである程度切り進んだうえで、最後は手ノコで仕上ます。
行き止まりの部分は、ノミを用いて切り落とします。

ノミがない場合はどうするか?
作業台まで作ろうとする方は、ノミを1セット購入してしまってください。

それから、合板の周囲は紙やすりなどで仕上げてください。
そのままでは、手にトゲが刺さります。
また、スリットを広げすぎてしまった場合には、テープでも張ってスリットを縮めてしまってください。
テープを張るのは、スリットのほうでも、スリットがかみ合うほうでもかまいません。

テーマ : Do It Yourself
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード