丸ノコの選び方 導付

20070224220527.jpg


導付は 『どうづき』 と読みます。
ほかに胴付、導突などと書き表されます。
個人的には胴付がしっくりくるので、ここでは胴付と書くことにします。

胴付というのは、材木同士を組む際に、材木を縦方向に突きつけるような部分のことをいいます。
そして、縦方向に突きつけるということは、材木の年輪面を他の材に突きつけるということ。
つまり年輪面を胴に例えて、胴を付ける、胴を突くということが語源ではないかと思います。

この胴付部分というのは、ぴったりと綺麗に接していないと見栄えが悪く、また、空いた隙間が架構の余計な動きにつながることがあります。
胴付部分に隙間が空くということは、突きつける部分に凹凸があったり、斜めになっているというわけで、材木同士の接する面が狭くなっています。
本来、しっかりと面で接しているはずのところが、場合によっては点で接しているような可能性もあります。
これはうまくないですね。
柱と梁の胴付部分では、時間が経つにつれて、柱に支えられている梁が下がってくる可能性もあります。

それでは、胴付部分をきっちり加工するにはどうするか?
手ノコの場合は、胴付ノコと呼ばれているノコを使います。
このノコは精度が要求される造作用で、ノコで切断した跡が綺麗に仕上がります。
また、本来の胴付部分に限らず、精度が要求される加工全般に用いられるノコです。

そして、この胴付を冠したチップソーが、導付用と呼ばれているチップソーです。
メーカーによっては仕上げ用、留め切り用などと称されていることもあります。
特徴としては刃数が多いこと、通常のチップソーよりも高度な加工が施されていること、そしてなんといっても高価なことです。
丸ノコに馴れたら使ってみてください。

コメント

非公開コメント

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード